ウッドデッキ リフォーム事例(八王子市 K様邸)

駐車スペース上ウッドデッキの劣化部分をカット、補修しつつ縮小した事例です。

駐車スペース上ウッドデッキの劣化部分をカット、補修しつつ縮小した事例です。

施工時期:2014年10月
施工期間:約3日間
主な内容:ウッドデッキ・ウッドフェンス加工修復

施工前

施工前のお悩み

駐車スペース上の屋根を兼ねたウッドデッキが老朽化し、補修が必要な状態でした。

施工後

ザ・スタイルの提案ポイント

特に劣化が進んでいた先端部分を切り落とし、面積を縮小しました(フェンスも合わせて移設)。
また、床板などの木材も半数くらい張り替えし、数カ所補強しました。

  • 半分くらいの面積をセットバック。

  • 床板も半数くらい張り替えました。

お客様のご感想

劣化が心配で、かといって全部をすぐ作り変えるのも大変だったので、とりあえずの処置として修繕いただけたので安心しました。コンパクトになった分、違う使い道でしばらく使ってみたいと思います。

担当より

レッドシダーのデッキはだいたい8年目くらいから劣化が目立ち始め、作り替えなどのご相談が多いですね。
最近はウリンなどのハードウッドが多いのでこういうケースは少ないですが・・・。
今回は、あと数年持たせる為の延命措置として対応させて頂きました。状態次第で全てが同様に対応できるとは言えませんが、同様のケースでお困りの際はまずご相談ください。

お庭づくりの専門家が相談にのります ーお問合せはこちらからー

相談しながら進められるから安心

お庭づくりの進め方って、分かりにくいですよね。
ご相談でも「なんとなくイメージはあるんだけど・・・」という場合がほとんど。

そんなお困りの際は、気軽に相談できるザ・スタイルにご連絡ください。プロならではの対応策を、分かりやすく丁寧にご説明します。

ご相談頂く事でまずは「どんなことができ」「どのくらいの費用で」「何から手をつけたらいいか」といった事が分かりますので、安心してご検討を進めて頂けます。

規模の大小は問いません。ご都合に合わせて下記ボタンからお選びいただき、
お気軽にお問合せ下さい。

ご相談の流れ

よくあるご質問

Q.費用の見当がつかない・・・。
A.ご安心ください。お打ち合わせ時、「この面積をこの素材で施工するといくら位」、「ここを作り替えるといくら位」など概算額をお伝えしますので、ご予算のイメージをつかんでいただけます。
Q.庭づくりが初めてで、どう伝えたら・・・。
A.大丈夫です!私たちはじっくりお客様と会話を重ね、ご要望を引き出しながらご提案します。安心してお任せを。もしお気に入りの雑誌や写真などあれば遠慮なくお見せ下さい。
Q.小さい庭だけど、対応してもらえるかしら・・・?
A.もちろん可能です。規模の大小にかかわらず、遠慮なくご相談ください。

地図・営業時間等