ガーデンルーム (稲城市 A様邸)

ココマ腰壁タイプ 床を広いデッキ仕上げにした事例

ココマ腰壁タイプ 床を広いデッキ仕上げにした事例

施工時期:2014年10月
施工期間:約1週間
主な内容:ガーデンルーム ウッドデッキ タイルレンガ 立水栓 

施工前

施工前のお悩み

芝生の面積を少し縮小して、使い勝手が良くお手入れのしやすいお庭へのリフォームをお考えでした。

施工後

ザ・スタイルの提案ポイント

お家の窪んだ側の窓前に、ガーデンルーム(ココマ腰壁オープンタイプ)を施工させて頂きました。床面は樹脂製のデッキにして、隣のお部屋まで繋がっています。

  • お家のコーナーにスッキリ納めています。腰壁にはお家と調和するタイルレンガを。

  • お家カフェの完成です。

  • 下方向からの視線も、腰壁で隠れるので居心地抜群。

  • デッキ床面はお客様ご希望により、お部屋より少し低い高さに。

  • 開閉式の内部日除けが優しく日差しをさえぎります。

  • 腰壁はタイルレンガで優しい表情に。

  • 予備のタイルでオリジナル立水栓をお造りしました。

お客様のご感想

今まで庭は除草などの手間ばかりかかっていて、居心地も悪くなんとかしたいな、と思っていました。家族が外に出たり、使う状況をイメージしてガーデンルームと続きのデッキという内容に落ち着きました。
結果的に、お手入れする芝の面積が減り、部屋からお庭に出やすくなり、子供の遊び場ができ、夏の日除けになったり・・・等々、いいことが沢山あり、本当にやって良かったと思います。

担当より

お客様宅には以前から庭木のメンテナンス等で伺っており、「こうしたらもっと使える庭になるのになあ・・・」と何となくイメージしていました。それが今回、お客様の考えていたご要望と繋がり、大変ご満足いただき嬉しく思っています。後日伺った時、ちょっとしたお洗濯物を干したり、お子様のおままごとスペースにと、ガーデンルームが大活躍とのこと。せっかくのお庭ですから・・・「使えるお庭」になって何よりです。

お庭づくりの専門家が相談にのります ーお問合せはこちらからー

相談しながら進められるから安心

お庭づくりの進め方って、分かりにくいですよね。
ご相談でも「なんとなくイメージはあるんだけど・・・」という場合がほとんど。

そんなお困りの際は、気軽に相談できるザ・スタイルにご連絡ください。プロならではの対応策を、分かりやすく丁寧にご説明します。

ご相談頂く事でまずは「どんなことができ」「どのくらいの費用で」「何から手をつけたらいいか」といった事が分かりますので、安心してご検討を進めて頂けます。

規模の大小は問いません。ご都合に合わせて下記ボタンからお選びいただき、
お気軽にお問合せ下さい。

ご相談の流れ

よくあるご質問

Q.費用の見当がつかない・・・。
A.ご安心ください。お打ち合わせ時、「この面積をこの素材で施工するといくら位」、「ここを作り替えるといくら位」など概算額をお伝えしますので、ご予算のイメージをつかんでいただけます。
Q.庭づくりが初めてで、どう伝えたら・・・。
A.大丈夫です!私たちはじっくりお客様と会話を重ね、ご要望を引き出しながらご提案します。安心してお任せを。もしお気に入りの雑誌や写真などあれば遠慮なくお見せ下さい。
Q.小さい庭だけど、対応してもらえるかしら・・・?
A.もちろん可能です。規模の大小にかかわらず、遠慮なくご相談ください。

地図・営業時間等