アーチ、パーゴラ(町田市 Y様邸)

目隠しを兼ねたつるバラの為のハードウッド製パーゴラ

目隠しを兼ねたつるバラの為のハードウッド製パーゴラ

主な内容:目隠し兼パーゴラ(ハードウッド材)

施工前

施工前のお悩み

お庭のコーナーに、目隠しを兼ねた丈夫なつるバラ用のパーゴラを設置したいとご相談を頂きました。

施工後

ザ・スタイルの提案ポイント

ハードウッド製(イタウバ材)の重厚感あるパーゴラを施工させて頂きました。丈夫でつるバラにはバッチリです。

  • 背面に縦に板を貼り目隠しに。

お客様のご感想

頑丈で耐久性もあるので安心しました。大好きなつるバラを育てる空間ができて大満足です。

担当より

つるバラをしっかり育てたいと、お庭のコーナー部分に目隠しを兼ねたパーゴラを作りたいとの相談を頂きました。

まずは素材選びから・・・天然の木材で作るか、金属(アルミ)で作るかという選択をする時。
木=腐るという観念を強くお持ちの方が多く感じます。
確かに、腐らない木はありませんが腐り難い木はあります。

今回、採用したのはイタウバという木材です。
高耐久の木材の総称として“ハードウッド”と呼ばれていますがその種類も性質も色々で、それぞれに特徴があります。

ここではイタウバ材の長所を短所を書かせて頂きます。

イタウバ材の長所:
他のハードウッドより加工性が良い。
木材保護塗料を塗布しなくても20年~25年程度使用可能である。
ハードウッド特有のササクレやヒビ・ワレなどが比較的少ない。
甘い香りがする。(新しい時)

イタウバ材の短所:
木材自体に油分が多く、表面に斑点やシミがでる物がある。
人工乾燥していない為、反りが大きく出る場合がある。
※経年変化により、黄褐色~赤褐色~珈琲色~シルバーグレーに変化していきます。

お庭づくりの専門家が相談にのります ーお問合せはこちらからー

相談しながら進められるから安心

お庭づくりの進め方って、分かりにくいですよね。
ご相談でも「なんとなくイメージはあるんだけど・・・」という場合がほとんど。

そんなお困りの際は、気軽に相談できるザ・スタイルにご連絡ください。プロならではの対応策を、分かりやすく丁寧にご説明します。

ご相談頂く事でまずは「どんなことができ」「どのくらいの費用で」「何から手をつけたらいいか」といった事が分かりますので、安心してご検討を進めて頂けます。

規模の大小は問いません。ご都合に合わせて下記ボタンからお選びいただき、
お気軽にお問合せ下さい。

ご相談の流れ

よくあるご質問

Q.費用の見当がつかない・・・。
A.ご安心ください。お打ち合わせ時、「この面積をこの素材で施工するといくら位」、「ここを作り替えるといくら位」など概算額をお伝えしますので、ご予算のイメージをつかんでいただけます。
Q.庭づくりが初めてで、どう伝えたら・・・。
A.大丈夫です!私たちはじっくりお客様と会話を重ね、ご要望を引き出しながらご提案します。安心してお任せを。もしお気に入りの雑誌や写真などあれば遠慮なくお見せ下さい。
Q.小さい庭だけど、対応してもらえるかしら・・・?
A.もちろん可能です。規模の大小にかかわらず、遠慮なくご相談ください。

地図・営業時間等