[ココマの事例で見る] ガーデンルームをお庭に取り入れるコツとは

投稿日:2017年1月10日

昨年12月から工事を始めさせて頂き、お正月明けに完成したガーデンルームをメインとしたお庭の施工のご紹介です。スペースの有効活用と、芝や雑草、庭木などのお手入れを軽減されたい、というご要望から設計施工させて頂きました。

・施工後、お庭の奥側から↓
ガーデンルームは「LIXIL ココマⅡ ガーデンルーム L字腰壁タイプ」を使用。

 

・施工前はこちら↓
一見、広くフラットで何でもできそうな空間なのですが、逆に広すぎて利用の仕方が見つからなかったり・・・なかなか難しいですね。

 

・道路側からお庭に向かって↓

ガーデンルームは比較的大きな面積(体積)を占めるため、「庭が狭くならない?」「圧迫感がない?」と心配されるお客様もいらっしゃいますが、家のお部屋からの眺め・お庭の内・外からの視線・動線、などを考慮してお庭全体がトータルで設計されていれば問題ありません。

逆にその点がよく考慮されていないと、お庭やお家との繋がりがない「ただ設置しただけ」のガーデンルームがある、不自然で使いにくいお庭になってしまうので要注意です。

 

・上記の施工前です↓
うまく活用できず、かといって雑草や芝刈りが大変で放置もできなかった・・・というお悩みでした。

 

・お庭と駐車スペースの仕切り部分です↓
舗装面は、自然乱形石と透水性平板を場所に応じて組み合わせ、水はけを考慮しています。

 

・立水栓もリフォーム↓
水受け部は、舗装面と同じ自然乱形石でハンドメイドです。

ー 以上、取り急ぎのレポートですが詳細は後日施工事例にて紹介させていただきます。

お庭づくりの専門家が相談にのります ーお問合せはこちらからー

相談しながら進められるから安心

お庭づくりの進め方って、分かりにくいですよね。
ご相談でも「なんとなくイメージはあるんだけど・・・」という場合がほとんど。

そんなお困りの際は、気軽に相談できるザ・スタイルにご連絡ください。プロならではの対応策を、分かりやすく丁寧にご説明します。

ご相談頂く事でまずは「どんなことができ」「どのくらいの費用で」「何から手をつけたらいいか」といった事が分かりますので、安心してご検討を進めて頂けます。

規模の大小は問いません。ご都合に合わせて下記ボタンからお選びいただき、
お気軽にお問合せ下さい。

ご相談の流れ

よくあるご質問

Q.費用の見当がつかない・・・。
A.ご安心ください。お打ち合わせ時、「この面積をこの素材で施工するといくら位」、「ここを作り替えるといくら位」など概算額をお伝えしますので、ご予算のイメージをつかんでいただけます。
Q.庭づくりが初めてで、どう伝えたら・・・。
A.大丈夫です!私たちはじっくりお客様と会話を重ね、ご要望を引き出しながらご提案します。安心してお任せを。もしお気に入りの雑誌や写真などあれば遠慮なくお見せ下さい。
Q.小さい庭だけど、対応してもらえるかしら・・・?
A.もちろん可能です。規模の大小にかかわらず、遠慮なくご相談ください。

地図・営業時間等