• メニュー

ガーデン・エクステリア設計施工、メンテナンス
南大沢店・橋本店・相模原店

木目調の目隠しフェンス選び(おすすめタイプ)

投稿日:2022年11月24日

こんにちは!ザ・スタイル ガーデンデザインの佐藤です。

 

お庭づくりのご相談で多い目隠しフェンス。

多くの商品がある中で、特に木目調のタイプは人気があります。でも、種類が多すぎて悩んでしまう方も多いのが実情。

 

そこで今回は、木目調目隠しフェンスの種類、そしてタイプについてご紹介したいと思います。

お家の外観やお庭の雰囲気に合った目隠しフェンスで、ナチュラルで心地よい空間ができると、嬉しいですね^ ^


1.木目調の目隠しフェンスの種類(素材別)

木目調の目隠しフェンスは、木目ならではの温もりが魅力です。自然が溢れ、安らぎのある空間に、家族が家を見るだけでホッとする。そんな住まいづくりをお手伝いできます。

 

また、木目調の目隠しフェンスには、ガーデニングや植栽を引き立てる効果もあります。緑が生い茂り、草花が咲き乱れる様子を、優しく映し出してくれるでしょう。

 

つる性の植物を絡ませたり、ハンギングバスケットを飾ったりすれば、より魅力的な空間づくりができますね。

 

 

(1)柔らかい印象の樹脂製

樹脂製目隠しフェンスは、主に本体は樹脂、柱はアルミ製が多いです。

 

表面の見た目は天然木に近く、遠目からだと「木製と樹脂製との違いがほとんど分からない」という声も少なくありません。

 

また、高価な樹脂製目隠しフェンスには、表面にサイディング加工が施され、木目調の質感をリアルに再現。上質感のある樹脂製目隠しフェンスを使えば、庭や外観をワンランク上へと導いてくれるでしょう。

 

樹脂製の目隠しフェンスについて、「変色しないの?」「ヒビ割れや劣化は?」といった質問が多く寄せられます。

 

結論をいえば、経年劣化や変色といった心配は、ほとんど必要ありません。

樹脂製の目隠しフェンスは耐久性が高いため、数十年は持つと言われており、水に濡れて腐ることも、害虫による被害もないでしょう。木目調ならではの質感を、メンテナンスフリーで使い続けることができるのは、うれしいメリットですよね。

 

 

(2)カッチリした印象のアルミ製

アルミ製の目隠しフェンスなら、樹脂製よりもカッチリした印象に仕上がります。

木目調の目隠しフェンスを使って、モダンやスタイリッシュな雰囲気を目指したい方におすすめです。デザインが豊富なため、さまざまな形状やカラーの中から選べるのも魅力のひとつでしょう。

 

また、アルミ製の目隠しフェンスには、軽量で殆どサビないという特徴があります。

そのため、高い耐久性を誇り、いつまでも初期の外観を維持しながら、使い続けることができます。メンテナンスもいらず、汚れた箇所は拭き取るだけで、お手入れも簡単です。

 

ただ、アルミ製のデメリットには、衝撃に少し弱い点が挙げられます。

台風や強風の日に障害物が飛んでくると、衝撃でフェンスが曲がったり破損したりするリスクがあります。また、商品によりますが、樹脂製とアルミ製で、同じ幅・高さで目隠しフェンスをつくる場合、アルミ製の方が2〜3割程度高くなることが多いです。

 

このように、樹脂製とアルミ製は、質感や強度、費用なども異なります。それぞれの特徴を知ることも大切なポイントですよ。

 

2.おすすめ木目調目隠しフェンス(タイプ別)

ここからは木目調の目隠しフェンスにおすすめのタイプをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

1.横板タイプ

木目調の目隠しフェンスの中で、多く使われているのが横格子タイプです。

 

ボーダーフェンスとも呼ばれ、美しい横のラインを描きながら、家や庭が丸見えになるのを防ぎます。

隙間の幅は、風通しを良くし、日光が庭に入りやすくなるため、ガーデニングが趣味の方や自然な目隠しをしたい方にぴったりです。

 

2.縦格子タイプ

木目調の縦格子タイプは、和の雰囲気やモダンなデザインが好みの方におすすめです。特に人気のある商品は、高さのある縦格子で、高級感や洗練された空間づくりができます。玄関や窓の一部分の目隠しだけでも、存在感が抜群です。

 

縦格子タイプは、植栽との組み合わせで、よりナチュラルな雰囲気の庭へと変化。目隠し効果もアップするので、安心できるおしゃれな庭が広がるでしょう。

 

 

3.ラティスタイプ

斜めや四角のマス目で形作られた、格子フェンスです。
いわゆる「ラティスフェンス」といえばこの形です。

 

目隠しとしての効果は弱いので、空間を仕切る程度と考えるのが正解です。
樹木を重ねて目隠し加減を調整するのも、ナチュラルな雰囲気を出したい場合にはよいと思います。

 

以上、大きく分けて2種の素材、3つのタイプをご紹介しました。

お庭の条件や、「どこまで隠したい」度合いによって選ぶ基準は変わり、正解がありません。色々比較して、お庭やライフスタイルに合ったものを見つけてみてくださいね。

 

3.まとめ

今回は木目調の目隠しフェンスについて、樹脂製、アルミ製、おすすめのタイプなどをご紹介しました。

 

樹脂製とアルミ製は、ともに耐久性が高く、長持ちする目隠しフェンスです。木目調の目隠しフェンスを使い、ナチュラルで優しい住まいづくりをしてみてはいかがでしょうか?

 

分からないことがあれば、お気軽にご相談くださいませ!

 

 

目隠しフェンスの施工例はこちらをご参照下さい「目隠しフェンス 施工事例

 

ご質問やご相談はお気軽に! お問合せフォーム

 

 

CONTACT
お問い合わせ

ショールームは、東京都八王子市、神奈川県相模原市に1店舗ずつございます。
ご相談・ご見学は【事前予約制】で、お電話・メールフォームは共通です。

お好きな時間にメールで相談する

お問い合わせ
24時間 年中無休

ショールームで相談する

来店相談予約

場所:ザ・スタイル ガーデンデザイン 南大沢店・相模原店

お庭づくりを悩んでいる方へ

お庭・エクステリアのことならなんでも!
専門家が無料で相談にのります

ザ・スタイルガーデンデザインは、地域密着と相談しやすさを重視。
専門家がじっくりお客様と会話を重ね、
ご要望を引き出しながらご提案します。

お電話でもお気軽に

電話番号:0120-420-128