ガーデンルーム (稲城市 A様邸)

ココマ腰壁タイプ 床を広いデッキ仕上げにした事例

施工時期:2014年10月
施工期間:約1週間
主な内容:ガーデンルーム ウッドデッキ タイルレンガ 立水栓 

施工前
芝生の面積を少し縮小して、使い勝手が良くお手入れのしやすいお庭へのリフォームをお考えでした。
施工後
お家の窪んだ側の窓前に、ガーデンルーム(ココマ腰壁オープンタイプ)を施工させて頂きました。床面は樹脂製のデッキにして、隣のお部屋まで繋がっています。
  • お家のコーナーにスッキリ納めています。腰壁にはお家と調和するタイルレンガを。

  • お家カフェの完成です。

  • 下方向からの視線も、腰壁で隠れるので居心地抜群。

  • デッキ床面はお客様ご希望により、お部屋より少し低い高さに。

  • 開閉式の内部日除けが優しく日差しをさえぎります。

  • 腰壁はタイルレンガで優しい表情に。

  • 予備のタイルでオリジナル立水栓をお造りしました。

お客様のご感想

今まで庭は除草などの手間ばかりかかっていて、居心地も悪くなんとかしたいな、と思っていました。家族が外に出たり、使う状況をイメージしてガーデンルームと続きのデッキという内容に落ち着きました。
結果的に、お手入れする芝の面積が減り、部屋からお庭に出やすくなり、子供の遊び場ができ、夏の日除けになったり・・・等々、いいことが沢山あり、本当にやって良かったと思います。

担当より

お客様宅には以前から庭木のメンテナンス等で伺っており、「こうしたらもっと使える庭になるのになあ・・・」と何となくイメージしていました。それが今回、お客様の考えていたご要望と繋がり、大変ご満足いただき嬉しく思っています。後日伺った時、ちょっとしたお洗濯物を干したり、お子様のおままごとスペースにと、ガーデンルームが大活躍とのこと。せっかくのお庭ですから・・・「使えるお庭」になって何よりです。

B!
無料見積・ご相談はお気軽に