HOME > 施工事例 > ウッドデッキ > テラス(八王子市 H様邸)

テラス(八王子市 H様邸)

ウッドデッキのあった場所をタイルのテラスと目隠しパーゴラで居心地よく

 

ウッドデッキが老朽化して、そのスペースをどうしようかとお悩みだったお客様。

ウッドデッキを樹脂製のものに作り替える選択もあったようですが、お話を伺っていくと別の方法が良いことがわかりました。

 

 

施工前

 

リビングに面したウッドデッキは日当たりも良く、絵に描いたような風景だったのですが・・・

 

実際は外から丸見えで、お庭の手前と奥を分断していたりと、あまりお使いになれなかったそうです。

 

本庄邸(正面)本庄邸(既存デッキ)


 

 

 

 

リフォーム後

 

ウッドデッキを撤去し、タイル貼りのテラスを作りました。タイル面は、
窓前だけお部屋の床とほぼ同じ高さでベンチ状にして、広い面は
お庭の地面くらいにしてあります。こうすることで、お庭に下りた時の
目線が下がり、デッキの時と比べて落ち着くんですよね。

 

そしてハードウッド(イタウバ)で作成した目隠し兼パーゴラを。
目隠しの外側に低木を植えて、下のほうは優しく目線を仕切ります。

 

安心して、お庭で過ごせるって本当に良いものですね。
(写真のパラソルとチェアーはお客様ご自身でご用意されたものです。素敵ですね!)

 

 

2592

 

 

 

 

2495

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

2612