テラス(八王子市 H様邸)

古くなったウッドデッキを撤去してタイルテラスに

施工時期:2015年10月
施工期間:約1週間
主な内容:タイルテラス 目隠し兼パーゴラ 目隠しフェンス 植栽

施工前
劣化したウッドデッキを、そのまま樹脂製に作り替えるか他の用途にするか、ご相談頂きました。
施工後
デッキを取り壊し、タイルのテラスに。合わせて目隠しを兼ねたパーゴラで居心地の良い空間になりました。
  • お庭に降りた時、デッキ面より目線が低くなり落ち着き度が増しました

  • タイルの一番の良さはお掃除のしやすさと耐久性です

  • パーゴラに横板を貼り、外からの目隠しもバッチリで雰囲気も優しく

  • 落ち着いて過ごせる空間に生まれ変わりました

お客様のご感想

外へ出ても落ち着かない、あまり使えてなかった庭のスペースが生まれ変わり満足しています。天気の良い日に、テラスのチェアーで寛ぐのが楽しみになりました。

担当より

ウッドデッキが老朽化して、そのスペースをどうしようかとお悩みだったお客様。
樹脂製のデッキに作り替える選択もあったようですが、お話を伺っていくと別の方法が良いことがわかりました。

リビングに面したウッドデッキは日当たりも良く、絵に描いたような良い風景だったのですが・・・
実際は外から丸見えで、お庭の手前と奥を分断して行き来がしずらかったりと、あまりお使いになれなかったそうです。

そこでウッドデッキを撤去後はタイル貼りのテラスにすることに。
タイル面は、窓前だけお部屋の床とほぼ同じ高さでベンチ状にして、広い面はお庭の地面くらいにしてあります。
こうすることで、お庭に下りた時の目線が下がり、デッキの時と比べて落ち着くんですよね。

そしてハードウッド(イタウバ)で作成した目隠し兼パーゴラを。
目隠しの外側に低木を植えて、下のほうは優しく目線を仕切ります。
安心してお庭で過ごせるって本当に良いものですね。
(写真のパラソルとチェアーはお客様ご自身でご用意されたものです。素敵ですね!)