HOME > スタッフブログ > お庭づくりの費用、いくらかかるの?その目安と予算を考える秘訣とは

お庭づくりの費用、いくらかかるの?その目安と予算を考える秘訣とは

投稿日 : 2017年4月28日

お庭の工事費用、気になりますよね。

「ご希望内容や規模、素材など様々な条件により異なるため、決まった価格がございません。」というのが私たちの言い分なのですが(笑)、お客様の立場、特に初めてお庭づくりをされる方には本当にご想像もつかないのが実情だと思います。

「いったいどのくらいかかるのか、想像もつかないわ。」

そこで今回、私たちの工事の平均的なケース(敷地50坪前後の一戸建て、お庭面積は30平米くらいとして)のデータを元に具体的な例をご紹介します。

ざっと目を通していただければ、費用面だけでなく「なにから手をつければよいかわからない!」という状況から一歩踏み出せる手順が少しお分かりになると思います。

ただ、下にも書いておりますが、何をどうやって、どの大きさで作るかによって金額が大きく変わりますので、あくまでも目安ととらえて頂きますようお願いいたします。

 

・まずは施工範囲を区切って想像してみる

  お庭全体をいっぺんに考えると、広範囲すぎて「何が」「いくら位でできるのか」想像がつかないと思います。それは、色々な要素を無駄なく1つのお庭としてまとめあげる(=デザインする)ことが、案外難しいからです。

  そこで、「リビングの前」「芝生など広い部分」「玄関前」「カースペース」「目隠し」「植栽・花壇」などと、お庭を気になっている場所ごとに区切ってみて下さい。そして「この場所はこうしたいな~。いくらくらいかかるんだろう?」と想像してみて下さい。

 こうすることのメリットは、ご自身のお庭を少し客観的に見ることができるようになることです。「庭のこと、どうしよう~!?」と半ばパニックになりかけていたあなた、少し気持ちが楽になったのではないでしょうか?(笑)

 

・それから施工内容で考える

  施工範囲を区切ったあとは、それぞれの箇所で「何の施工をすればどのくらい費用がかかるか」について知識を得れば良いのです。

 ここでは、上記で例として挙げた各施工部分の概算額をご紹介していきます。なお、資材費、施工費、残土などの処分代も含んでおり、幅があるので目安となりますが実際の数字です(幅が大きいものは、まずは中心値で見て頂ければよいと思います)。

  例えば「リビングの前」はウッドデッキやタイルのテラスとして。もちろん大きさや仕様にもよりますが、40〜70万円くらいが平均です。

 次に、ご要望も多い「芝生などの広い部分」。雑草やぬかるみ防止の施工が多いですが、標準的な舗装材を20平米くらいの施工で30万円前後くらいが多いです。乱形の天然石と組合せたりすると、施工費が上がるため割増となります。

 次は「玄関前」。実に千差万別でひとくくりにするのは難しいですが(目安ですので単純化しています)、階段などの基本構造 は変えず、門壁や植栽、劣化した部分を歩きやすい素材に変えたりする工事で50〜100数十万円位といったところです。かなりの幅がありますね😅

「カースペース」は、例えば車1台分の面積をコンクリート土間+標準的なカーポートという基本で40万円台くらいで、あとは製品のグレードや土間の仕上げ方法で変動します。

「目隠し」は、1番ご要望の多い木目調の樹脂製フェンスを例えば横幅8m(お家の一辺くらい) 高さ1.5m位でおおよそ40万円前後となります。

 「植栽・花壇」も内容が一様に言えませんが、例えば真っさらなお庭のトータルの植栽では40〜80万円くらいでしょうし(中高木を3〜4本、低木を10〜15本、生垣を数メートル、下草・草花を数十株として)、シンボルツリー1本では3〜8万円位、レンガで花壇で作ったりすれば5〜数十万まで幅広くなります。

  こうして分けてみると、優先度や緊急性によって必要なところを組み合わせたりもできますので(但し注意が必要!次項ご参照)、少し具体的にご予算を考えられるようになるのではないでしょうか。

たとえば上記の要素すべてを盛り込むと、玄関周りから植物・目隠しまでと、お庭としてかなりの部分が完成するということになるわけですね。内容により費用の幅はありますが、一般的な戸建のお庭ということではこの記事を読まれる多くの方にあてはまるのではないでしょうか。目安としてご参考になさってください。

 

・要注意!個別に考えすぎると失敗します ~良い意味でのメリハリを~

以上、お庭づくりが初めての方にも分かりやすいように参考値をご紹介してきました。

但しご注意ください!いくら優先度の高い・低いやご予算のご事情があるからといって、単純に「ここはやる、あっちはやらない」とピンポイントで決めていってしまうと、チグハグで使いづらく、見た目も悪い最悪の結果になってしまいます。何故なら、「お庭は1つの空間でつながっているから」なんですね。

動線や目線、景観や周りの環境など、デザインで考えるべきことは沢山あります。

もしご予算の関係であきらめる(例えばデッキはやめてフラットな舗装にするなど)ことがあっても、空間のつながりや、将来の追加工事も想定しておくなど、全体の調和を崩さずに良い意味でメリハリをつけることで、完成度が断然違ってきます。

選ぶなら、そういう話が当たり前に出てくる設計業者にしてくださいね。

余談ですが、よく「メーカー定価の〇〇%引き」「格安の〇〇デッキ」といった製品の割安感を前面に出す広告がありますが、そもそも「いろんな製品の組合せ」で良いお庭が出来上がる訳ではありませんので、「満足のいく庭を作りたい」とイメージされている方がそういう広告の業者さんに話をしても「製品の種類と値段の話しかされなかった」というお話をよく耳にします(それに製品代は確かに安いが、追加加工費や処分代や諸経費を含むと大して安くないという話が多いですね・・・)。

 

いかがでしたか?お庭づくりやリフォームが初めての方、かかる費用のイメージをつかんでいただけましたでしょうか?

30万なのか、50万なのか、100万なのか、はたまた500万なのか・・・?実際、費用がまったく想像もつかないという方のほうが多いのです。

お家と同じで、一生にそう何度も作るものではないですからね。そのため、私たちは最初の無料見積り訪問で例えば「だいたい40万円台半ばくらいですね。30万円台はこの素材だと難しいですし、かといって50万円まではいかないと思います」などと概算額をお伝えしながら、できるだけ分かりやすく内容をご説明いたします。お気軽に見積りをご依頼ください。

 

こちらも目安ですが、私たちの実績データをご覧いただけます。ご参照くださいませ。→ 費用の目安に 「料金体系」

お見積りのご依頼は、フリーダイヤル0120-042-128 もしくはこちらからお願いします→ 見積もりご依頼フォーム